スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

おばあちゃんがやってきた

梅雨明けとともに、おばあちゃんがやってきた!
庭を見にくるんだ、と思っていたけど
実のところはちゃんとぼぼが庭や畑なんかを
できているのか確認せねば、と使命感に燃えて
やってきたみたい。
おばば先生と一緒に土をつくり、種をまく


プランター2つだけなのに
2人して爪の間まで泥だらけになった。
芽が出ますように、と言っておばあちゃんは
我が家の土を爪の間につれて帰っていきました。
ありがとう。おばあちゃん。

MY GARDENという雑誌の夏号に
ガーデニングは生きる元気を私にくれる
とありました。
ガーデニングはおばあちゃんも呼び寄せた。
よかったなぁ。

スポンサーサイト

2006.07.30 | | Comments(0) | Trackback(0) |

はな

今日印象に残ったことばです

馬場あき子「古典を読む 風姿花伝」より

秘すれば花なり。
秘せずんば花なるべからず。


つまり、秘すれば、それによって「花」は保ちうる。しかし秘めておかねば、「花」の効用は、はや、なくなってしまう。
<秘めてあることは、あらわにした場合大したことではない場合も多い。しかし、秘事としてあじわわれる効用は、また別なものだ。>

うーんそうだね!!!

2006.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | ことば

きみの名は

トレニア
IMGP0492(1).jpg

マサオさんのお庭から移植して2日。
さっそく咲いてくれました。
深い紫。
2006.07.28

2006.07.28 | | Comments(0) | Trackback(0) |

収穫三昧

今朝の収穫
IMGP0418(1).jpg

エキナセア。のど痛に効くハーブです。
去年お向かいさんが株分けしてくれたものです。
ご近所中に配って歩いたらしく
今年はそこら中の玄関先に咲いています。


午前から昼にかけての収穫
IMGP0444(1).jpg

マサオサンのお庭から
大量の花やら苔やらを頂いてきました。
というより、ひっこぬかせて頂いてきました。

十二単に雪柳にベゴニア、ベルガモットに名もわからぬハーブと
黄色い花とオレンジの花。
ホウセンカに紫が美しいトレニア。
千両に美味しそうだけど食べれない小松菜のような花。
そして、数種の苔の盛り合わせ 季節のシダを添えて。
ありがとう、マサオサン。持つべきものはなんとやら。

これだけお庭をひっくり返されて、やれやれ
と思ってもいいくらいなのに
「また秋においで。球根掘りにおいで」
と言ってくれました。ええお人や。

さっそく家に帰って移植です
IMGP0483(1).jpg

だんだんと裸の土がなくなってきました

ところで
庭仕事は私にとってはスポーツ。
ものすごく汗をかきます。
そしてそれがとても気持ちいいです。
思いっきり汗をかいたらシャワーを浴びる。
その後は私の庭仕事中は家の中で退屈していた美海と
あそびつつのんびり。
そんな今日この頃

「お手」
IMGP0430(1).jpg


IMGP0432(1).jpg

2006.07.26

2006.07.26 | | Comments(0) | Trackback(0) |

きみの名はニューサマー

今日の出来事

ニューサマーから種と芽と根っこが
一度にでてきた
IMGP0381(1).jpg

母が食べていたニューサマーの中から
芽と根が生えた種が出てきました。
記念に写真を撮って、
さっそくビニールポットに植える。
育つといいけど、我が家の庭は日陰だからな。
なんて悲観的なことを言いつつも心の中はわくわくしてます。
そして散歩へ行きました。

IMGP0399(1).jpg

散歩にいって美海が見つけたのは…

IMGP0404(1).jpg

しどけないネコ。
だらしないと言ってもよさそうな格好だけど
ネコはどんな格好をしていてもだらしなく見えないのは何故だろう。
女王のようだ。

2006.07.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

ブルべり

IMGP0307(1).jpg

だんだんと色づいてきました。収穫が楽しみです。

2006.07.24 | | Comments(3) | Trackback(0) | 未分類

くちなし

IMGP0328(1).jpg

生クリームみたいな甘い白いはな

2006.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) |

造園

「秘密の花園」1993年版をDVDで観ました。
このバーネットの小説を映画化したものは何作かあるらしく、私は昔観た、イギリスのBBCの版の「秘密の花園」の印象が強かったけれど、この1993年版も素晴らしく綺麗なお庭で、観ているだけで幸せになりました。私の庭熱を燃え上がらせる映画でした。観てよかった~。
また、メドロック夫人がマギー・スミスという配役も良かった。観たことない方は是非ご覧あれ。素敵でロマンチックなのに、思わずププッと笑っちゃうツッコミどころも満載のおススメの映画です。
ところで、私の庭もある意味秘密の花園。というのも、庭は家の裏側とと川の間にあり、その川の向こうは木や竹がわんさか生い茂る崖だからです。つまり、表からはその存在を知る由もない庭、なわけです。


IMGP0357(1).jpg

今はこんなかんじです。まだ、土が大部分を占めていますが、ようやく庭らしくなってきました。

IMGP0360(1).jpg

石で作った階段です。力作。このところ続く雨で、しっかり根付いたかんじで、ぐらつかなくなりました。

これ↓は表から庭へ行く通路ですが、土の道で、苔が道の端を覆っています。いずれ、庭の道もこんなふうに年季が入ったかんじになるといいなぁ。

IMGP0355(1).jpg


IMGP0370(1).jpg

夜は虫除けの香りのキャンドルを灯してみました。秘密の庭っぽいかなぁ、と。

庭にかまけてみみが寂しがるので、今日は一緒に園芸店に久々にドライブしました。結局庭関連…ごめんねみみ。
IMGP0347(1).jpg

でも嬉しそう。よかった。

2006.07.24 | | Comments(2) | Trackback(0) |

のこったノコッタ

お相撲観てますか。今日は千秋楽でした。
白鵬が朝青龍を破った瞬間、横綱誕生!と思わず拍手した私です。でも「朝青龍の独走を許したから」横綱昇進は見送りだそう。うーんそれは白鵬の責任じゃない気がする!北の富士さんも「そんな理由なら何故13日目に対朝青龍の取り組みを組まなかったんだ?」って言ったたしな。この4場所全て13勝以上(うち一場所は優勝)という安定感でも、昇進には足りないのでしょうか。まぁ東京場所で、がんばって優勝して四の五の言わせずに昇進してね。(外野は呑気ですな)
東京場所、見に行ってみたいなぁ、望遠レンズもって。ふ。ムフンバトさんに会えたりして。
それはともかく、朝青龍、優勝したのに陰が薄い気がします。怪我をおしての優勝なのに、勝って当たり前、みたいにほっぽっとかれていて、メディアは(私も含めてですけど)白鵬に注目しちゃっててちょっと不憫だと思います。
先日クロワッサンという雑誌でも、「今話をしたい男たち」っていう特集で、角界から二人選ばれていたんですけど、それが琴欧州と栃東。うーん?二人とも今怪我でぱっとしないのに、「史上最強との呼び声も高い、朝青龍のライバル!」なんて書かれていて違和感あり。どうせならその史上最強の朝青龍に話を聞いてやれよう。
先日のワールドカップで、朝青龍が「俺と同じで強いのに注目されないから」という理由でイタリアを応援してた、と聞いたときには、あ、やっぱり自覚してるんだ、ほろり、と思ったっけな。
朝青龍を応援しよう。

さてと、あとは。乃南アサさんの「チカラビトの国」を読みました。相撲に関する豆知識が色々エッセイ形式で書いてあってなかなか面白いです。そのなかでも印象に残ったのは、行司の「ハッケヨイ」と「のこったのこった」の掛け声の意味するところ。
ハッケヨイは、私も八卦よいと思っていたのですが、そうではありません。実はハッキヨイで語源は発揮揚々からきているそうです。発揮揚々、つまり「さぁ、盛り上がっていこう!」と言っているわけ。だから、行司は力士の動きが止まっているときにハッケヨイというのです。そして、激しく動いているときにはのこったのこったと言いますが、これは「残った」、つまり、まだ勝負はついてないぞ、だから気を抜くなよ、というトコロらしいです。そう言われてみると、確かに行司は明らかに二つの掛け声を使い分けているのが分かって観ていて面白いです。
因みに、ちゃんこ、はおっさんの意だそうで、つまりちゃんこ鍋の意味するところはおっさん鍋なんだそうな。ふうん。へぇ。
白鵬、のこったのこった、だぞ。私も、これから、何かつらいことでもあったら、はっけよい、のこったのこったと思おうと思います。

2006.07.23 | | Comments(4) | Trackback(0) | 大相撲

アンネの薔薇

アンネの薔薇が咲きました。小さな真紅の蕾がつき、花が咲くと色がオレンジからピンクへと変化していく美しい薔薇です。
IMGP0301(1).jpg

Souv.d'anne Frank(アンネの思い出)

2006.07.23 | | Comments(3) | Trackback(0) |

望遠レンズ

望遠レンズを購入しました。中古だけど新品同然にきれいです。福岡にあったものだそうです。さっそく使ってみたかったものの、あいにく外は小雨。
それでは、と、望遠レンズをカメラにつけ、階段の一番上、13段目から美海を呼んでみました。「美海~」
IMGP0272(1).jpg

「なに?なに?」という表情をしています。かわい~。美海は我が家の階段は上がれません。一段一段の「奥行き」が基準より短いので、足場が確保できないみたいです。そんな美海を2階から呼ぶのはちょっと意地悪でした。反省。

この後、家の前を流れる川を散歩する鷺を撮ったりして、楽しみました。望遠は想像以上にすごいです。知らないうちに何かの犯行現場とか、撮っちゃいそうで怖くなるほどです。カモの生態を撮っている筈が、国の重要機密事項を撮っちゃったりして命を狙われたりして、なんて映画の見すぎです。(ウィル・スミス主演でそんな映画があったような)



2006.07.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | カメラ

苔玉ファミリー

きのうの苔玉教室で三玉丸めてまいりました。苔玉ファミリーです。
IMGP0208(1).jpg


一玉ずつご紹介します。まずは
IMGP0198(1).jpg

苔玉父です。ひめとくさを頭にがばりと生やしております。


そしてこちらは
IMGP0216(1).jpg

苔玉母です。ヘンリーヅタの家系です。ツタを長く垂らしたしなやかな女性です。この人と添う苔玉父は幸せでしょう。

最後に
IMGP0218(1).jpg

苔玉娘です。基本的には母似ですが、自立心旺盛。でもいい風にはなびくコケットな子です。

2006.07.21 | | Comments(3) | Trackback(0) | 苔玉

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。