スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

あきふゆはるなつあきふゆ

IMGP2174(1).jpg

「葉っぱを一枚選んで
それと同じ色の葉を探してみても
どれだけ時間をかけても
全く同じものは
みつからないんだよね。」
と、先日先輩が話してくれました。
みんな違ってみんなで美しい秋の色を
織っているのだなぁ。
今更ながら、自然に感心します。
IMGP2184(1).jpg


今我が家の裏は
秋に散った葉が一面に敷きつめられて
しっとり、ひっそり、としています
そんななかで…

IMGP2155(1).jpg

しだれ咲きビオラは
春に向けて着々と枝分かれし
蕾を次々とつけています。

春には見事な枝垂れビオラとなるでしょう。

IMGP2191(1).jpg

美海は炬燵蒲団の中で、
来るべき冬に向けて
着々と皮下脂肪を増やしています。

来年の夏にはその皮下脂肪を燃やし、
また秋にたくさん食べ、
冬を迎えるのだな。

気が早いですが
来年の冬といえば、楽しみなことがあります。
それは…
IMGP2110(1).jpg

かぶら寿司を漬けること。

しめたお魚を挟んだかぶらを
麹で甘く漬けたもの。
今年から漬け始めたのですが、
かぶら寿司は冬限定のお漬物。
春になったらまた冬がくるまで
別れなければなりません。

というわけで、来年、
「さぁ寒くなってきたから漬けるぞ!」
とその年初のかぶを漬けるのが
今から楽しみなのです。

今まで春夏秋を味わうことはあっても、
冬を味わうこととか、冬に感謝するとかは
あんまりしてこなかった気がします。
(お鍋と蜜柑と雪を楽しむくらいかな)
寒い寒いといいながら縮こまっていました。

花や食べ物に興味を持つと
春夏秋冬をより楽しめるのだなぁ。
単に食い意地が張ってきただけ
とも言えるかも知れませんが。

スポンサーサイト

2006.12.13 | | Comments(2) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。