スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

わらしべみみ

小松菜の花が咲きそうです
IMGP2331(1).jpg


ルッコラの花も咲きそうです。

収穫もしているのだけど
花も楽しんでいます


ぼぼ母がわらじをつくりました
山のおばあちゃん先生に
一日がかりで教わってつくった力作です
IMGP2349(1).jpg


最近、気づくと美海が
わらしべをくわえています

こっそりわらじから
わらしべを抜き取って
楽しんでいる様子



2007.03.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | たべもの生活

いいにおいの春の星

エンドウの花が咲きました
IMGP2342(1).jpg

蕾から花開くまで様々な表情をみせる
エンドウ

花ひらく一歩前が私は一番好きです

ビロードみたいな花びらが
ちらっとみえて。


IMGP2318(1).jpg

我が家で咲いたチューリップ第一号
ヨハンシュトラウスという品種。

IMGP2334(1).jpg


朝の薄暗いとき
露をいっぱい
赤くすじが入った葉にためている姿が
きれいです

谷川俊太郎の詩の「生きる」
をふと思い出しました。

生きているということ
今生きているということ
それはのどがかわくということ
木漏れ日がまぶしいということ
ふっと或るメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
今生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハンシュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
今生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
今生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
今どこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎていくこと

生きているということ
今生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりははうということ
人は愛するということ

あなたの手のぬくみ
いのちということ

(理論社 詩と歩こうより)

この生きるという詩は
よく小学生の卒業文集に
先生から生徒へ向けての贈り物の詩として
載る詩です。

じんわり読める詩。

2007.03.10 | | Comments(0) | Trackback(0) |

はるのななくさ

IMGP2285(1).jpg

七日の朝をうっかり迎えた我が家は
王道の七草ではないけれど、
庭にある食べれる葉っぱで
七草粥をつくりました

ルッコラなんかも入って洋風七草粥

2007.01.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | たべもの生活

いぬおせち

IMGP2263(1).jpg

遅ればせながらおせちをば。


IMGP2266(1).jpg

鶏団子の湯葉まき
お煮しめ
伊達巻
田作り
サーモンのロール寿司
完熟柿のソルベ

今年の初食べは伊達巻
去年はお肉系だったので
なんだか美海も大人の味覚になったのかしら
なんて思ったり


ひとおせちはというと

IMGP2248(1).jpg


お煮しめ ゆりねのがんも

くわいのうま煮

IMGP2275(1).jpg

小鯛の手まり寿司
伊達巻 黒豆 田作り 鯉の甘露煮
生麩の焼きもの 生麩のふくめ煮 栗きんとん 
紅白なます 赤カブの酢漬け イカの塩辛 かずのこ
かずのこの切り漬け おにしめ 甘酢だこ
ミートローフとキウイのサンド
かぶら寿司 大根寿司(漬けてから20日目!)
アボカドのサラダ 昆布巻き 菊花かぶ
などなど。

イカの塩辛は近所のおじさんが毎年作っておすそわけ
してくれるものです。
麹の匂いがたまりません

IMGP2251(1).jpg

キウイと天狗ハムのミートローフです
文旦を添えました
爽やかで美味しかった

かぶら寿司はぶりのを出しました。
もう漬けてから20日もたっていて
お正月にぴったりの漬け方をしなかった~と
悔やんでたけど、蓋を開けてみたらドンぴしゃりの
食べごろかぶら寿司になっていてむふむふ。

しめ鯖のかぶら寿司だと5日目から美味しいけど
ぶりのは1週間たっても美味しくなりません。
王道のぶりが美味しくないなんて、と思っていたけど
20日たったのを久々に蓋を開けて食べてみたら
ものすごーく美味しかったです。
ありがとう!
かぶら寿司を考えた人にお礼が言いたくなりました。

遅ればせながらもしっかりおせちでお正月を
終えることが出来ました。
おばあちゃんたちや親戚の方に
沢山食材を送ってもらってできたおせちです
ありがとうございました~

2007.01.07 | | Comments(2) | Trackback(0) | たべもの生活

あきふゆはるなつあきふゆ

IMGP2174(1).jpg

「葉っぱを一枚選んで
それと同じ色の葉を探してみても
どれだけ時間をかけても
全く同じものは
みつからないんだよね。」
と、先日先輩が話してくれました。
みんな違ってみんなで美しい秋の色を
織っているのだなぁ。
今更ながら、自然に感心します。
IMGP2184(1).jpg


今我が家の裏は
秋に散った葉が一面に敷きつめられて
しっとり、ひっそり、としています
そんななかで…

IMGP2155(1).jpg

しだれ咲きビオラは
春に向けて着々と枝分かれし
蕾を次々とつけています。

春には見事な枝垂れビオラとなるでしょう。

IMGP2191(1).jpg

美海は炬燵蒲団の中で、
来るべき冬に向けて
着々と皮下脂肪を増やしています。

来年の夏にはその皮下脂肪を燃やし、
また秋にたくさん食べ、
冬を迎えるのだな。

気が早いですが
来年の冬といえば、楽しみなことがあります。
それは…
IMGP2110(1).jpg

かぶら寿司を漬けること。

しめたお魚を挟んだかぶらを
麹で甘く漬けたもの。
今年から漬け始めたのですが、
かぶら寿司は冬限定のお漬物。
春になったらまた冬がくるまで
別れなければなりません。

というわけで、来年、
「さぁ寒くなってきたから漬けるぞ!」
とその年初のかぶを漬けるのが
今から楽しみなのです。

今まで春夏秋を味わうことはあっても、
冬を味わうこととか、冬に感謝するとかは
あんまりしてこなかった気がします。
(お鍋と蜜柑と雪を楽しむくらいかな)
寒い寒いといいながら縮こまっていました。

花や食べ物に興味を持つと
春夏秋冬をより楽しめるのだなぁ。
単に食い意地が張ってきただけ
とも言えるかも知れませんが。

2006.12.13 | | Comments(2) | Trackback(0) |

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。